FC2ブログ

新着ツール【文章自動作成ツール『PSWエステ版』:ジャンル別の文章を無限に作成するパーフェクト・サテライト・ライター“PSW”のエステ版です。】&気になる情報【【全文公開】韓国は長年「最も遠い国」だった(映画監督ヤン ヨンヒ)】 - 【不労所得】で生活したい!!

新着ツール【文章自動作成ツール『PSWエステ版』:ジャンル別の文章を無限に作成するパーフェクト・サテライト・ライター“PSW”のエステ版です。】&気になる情報【【全文公開】韓国は長年「最も遠い国」だった(映画監督ヤン ヨンヒ)】

あんなに暑かった夏がもう遠い昔みたいですね。 もう夕食はお済みでしょうか?

本日の気になる記事はこちら

【全文公開】韓国は長年「最も遠い国」だった(映画監督ヤン ヨンヒ)
<韓国出身の両親のもと、日本で生まれ育った元「朝鮮」籍の筆者が、いま韓国で考えること――。反響を呼んだ本誌特集掲載のルポを全文公開する> 「何このバカなニュースは! 韓国と日本の政府がもめているときこそ、民間人同士が仲良くするように諭すのがテレビの役目じゃないか。あおるようなインタビューばっかり見せて。言論(メディア)がしっかりしなきゃ駄目だよ!」 韓国の首都ソウルに隣接する金浦市。行きつけの食堂で太刀魚の煮付けを食べていると、日韓問題についてのニュース番組を聞いていた女将(おかみ)さんが調理場から出てきて声を荒らげた。「お客さんがいるんだ、静かにしないか」という店主の言葉にも「国のことに市民が意見するのは当然じゃないの。黙っていられるかい」と真剣な顔。 しっかり主張する女将と、私に申し訳なさそうに笑っている店主を見ながら、この店の家庭料理がなぜおいしいのかが分かったような気がした。素朴だが手抜きのない女将の総菜は、心と体に新しいエネルギーをくれる。 新作ドキュメンタリー映画『スープとイデオロギー』の編集作業のため、今年4月からソウル郊外に滞在している。日韓関係悪化のニュースが両国を覆うなか、日韓合作映画の制作に取り組んでいる。大阪で生まれ育った私と、両親の故郷である韓国との出会い、そして両国の「今」について考えている。 筆者が新作ドキュメンタリー映画の制作のため長期滞在して見えてきたものは(写真は釜山) HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN 韓国南部の済州島で生まれた父は1942年、15歳のときに大阪に渡り、済州島出身の両親のもと大阪で生まれた母と1952年に結婚。日本での民族差別の中を生きた両親の共通点は、1948年4月3日を機に故郷で起きた「済州4・3」で多くの身内を殺されたことだった。 45年の大阪大空襲を受け、当時15歳だった母は祖父母と共に彼らの故郷である済州島に疎開した。だが48年に南北分断を固定化することになる38度線以南の単独選挙に反対して島民が蜂起すると、「赤狩り」という名のもと軍や警察が激しく弾圧。幼い子供を含む3万人が犠牲になるなか、母は弟と妹を連れて済州島を脱出し日本へ逃れた。同族による虐殺は、両親を徹底的なアンチ「南」にしてしまった。 1950~53年の朝鮮戦争以降にますます激化した南北の対立は、日本のコリアン社会に強烈な影響を及ぼした。父は北朝鮮(DPRK)を祖国として選び、金日成(キム・イルソン)の偉大さを普及する政治活動家としての道を邁進した。母は大阪でレストランを経営しながら父の活動を支え、3人の兄たちと私を生んだ。 ===== 1959年末から「帰国事業」が始まった。これは戦後日本に残った在日コリアンに対して、北朝鮮を「地上の楽園」とうたい移住させた政治的移民プロジェクトである。当時、日本社会の民族差別に苦しんでいた多くの在日コリアンは、北朝鮮に行けば無償の教育、医療、住宅が保障され幸せに暮らせるという強烈なプロパガンダを信じた。ほとんどの日本のメディアが朝鮮人に対する棄民政策を、「民族の大移動」と美化したからである。 HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN NYで初めて出会った「韓国」 同時期、韓国政府も在日コリアンの受け入れを拒否していたのに対し、朝鮮総連は北朝鮮支持者拡大のためのプロパガンダを推し進めた。59~84年の間、日朝両国の赤十字社による共同プロジェクトとして実行された「帰国事業」で、9万3340人(※注)の在日コリアンが日本から北朝鮮へ移住した。 ※注:日本国籍者約7000人含む 当時、14、16、18歳だった私の3人の兄たちも北朝鮮に送られた。息子たちを「祖国」にささげた後、両親は朝鮮総連の熱血活動家になった。「祖国」から送られた痩せ細った息子たちの写真を見た母は、取りつかれたように仕送りを始めた。私の目に両親は「息子たちを人質に取られた」忠臣に映った。「北」の体制を擁護する父と、兄たちを奪われたと嫌悪感を示す私との間でけんかが絶えなくなった。 日本で生まれ育ちながら「朝鮮」籍を有するため海外への渡航が不便だったが、両親は私が国籍を変えることを許さなかった。両親の生き方を否定することだと言うのだ。私は家族のつながりを重んじる儒教的価値観を恨みながら、「難民パスポート」のような再入国許可証を持って、中国、タイ、バングラデシュなどを取材しビデオジャーナリストとして活動を始めた。国外に出るたび、ビザの取得が大変だった。 HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPA 同時に北朝鮮にいる家族を訪問し、ビデオカメラで撮影を続けた。家族の物語をドキュメンタリー映画にしたいと考えながら平壌と大阪で撮影を重ねた。両親と自分に対して率直な作品を作ることは、平壌にいる家族の安全を脅かしかねないというリスクを伴った。映像制作者としての「覚悟」を決めるには自分は未熟過ぎた。そのため父の反対を押し切って、映画について学ぼうとニューヨークへ向かった。 両親との確執を引きずったまま97年に30代半ばでニューヨークに飛び込んだ私は、さまざまなエスニックコミュニティーを取材し、2000年からニュースクール大学大学院メディア研究科で学んだ。映画について学ぶ韓国からの留学生たちと急速に親しくなった。 ===== 彼らは、韓国訪問が許されない「朝鮮」籍の在日コリアンである私に興味を持ったし、私にとって彼らは生まれて初めて接する「最も遠かった国、韓国」そのものだった。 当時韓国は金泳三(キム・ヨンサム)大統領から金大中(キム・デジュン)大統領に移行した後の時期。彼らは「軍事政権時代なら、元朝鮮総連幹部の娘のヨンヒさんと親しくしたというだけでソウルに帰った途端に空港で捕まったかも」と笑っていた。全く違うバックボーンを持ったコリアン同士、私と彼らは好奇心をぶつけ合い友情を育んだ。 HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN 私は、愛国教育や共同体意識から距離を置き、「個」を確立しようともがいていた彼らに共感した。軍事政権、学生運動、戒厳令を経験し、戦争が終わっていない国で生きてきた彼らに比べて、日本で育った自分が子供っぽく思えたりした。 彼らは、植民地時代を踏まえながらも優れた科学技術と文化を誇る日本を「民主主義と自由がある先進国」であろうと敬っていたし、日本についてよく勉強していた。個人が幸せになるために国はどうあるべきか、を真剣に考える彼らの姿は私にとって新鮮だった。 ニューヨーク生活から日本に戻った私は「普通の」パスポートが必要だった。両親の戸籍が済州島にあったため、韓国籍を取得するのが早道だった。2004年以降、韓国パスポートを持ってソウルや釜山、済州島を訪れた。空港での入国審査のたび「韓国人」の列に並ぶと不思議な気分だった。生まれ育った国で「外国人」とカテゴライズされながら40年以上生きた。国籍を取得した韓国もまた外国のようだった。 私が韓国籍を取得し15年が過ぎた。その間、発表した作品が「問題」となり、北朝鮮に入国できなくなった。家族を描く映画を作るたび家族に会えなくなるという矛盾を抱えながら、家族が暮らす平壌と地続きの韓国に通った。休戦中という南北の分断は、私の人生に大きく影響している。 HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN 文在寅政権発足以降の変化 現在は新作映画『スープとイデオロギー』完成を目指し、ソウル郊外のアパートに滞在しながらスタッフと編集作業を進めている。高層マンションが林立する住宅街での生活は発見と感心の連続で、変化し続ける韓国を毎日体感している。 朝、ニュース専門チャンネルを見ながらヨガをするのが日課だ。短いニュースでも取材者、撮影者、編集者の名前とメールアドレスが明記される。医療事故や新技術に関するニュースは医療専門記者がリポートするなど、専門分野を持つ記者も多い。全てが署名記事であるのは新聞も同じで、韓国では常識である。 ===== 車椅子に座った記者も(福祉番組ではなく)ニュース番組で「普通に」解説している。統計やアンケートを見せるときは、リサーチ会社名、調査対象、調査期間、調査地域などの詳細を画面全体で抜かりなく示すことが法律で定められている。調査報道番組、トーク番組が多く、記者や専門家はダイレクトな言葉で意見をぶつけ合う。日本にいるときも米CNN、英BBCと並んで韓国KBSなどを見る理由である。 HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN 文在寅(ムン・ジェイン)政権発足以降、メディアでは「共に生きる」「公平な社会」という言葉をよく聞くようになった。男尊女卑が顕著だった韓国で市民の意識改革のために本腰を入れる行政の取り組みは、テレビ番組の合間に流れる公共広告にもよく表れている。 DVに悩む女性には「夫の監視、罵りも暴力!」と、韓国人男性と結婚し暮らす外国人女性には「言葉の壁や生活習慣の違いについて独りで悩まないで!」と相談窓口の電話番号を示す。 セクハラ、盗撮については「犯罪です! 盗撮映像を見るのも犯罪への加担!」と、未成年者への買春については大人の男性たちのモラルを問う構成。数十秒だが、加害者側をフォーカスするドラマ仕立てで、イラストやアニメなどを駆使してよくできている。 文化体育観光部所管の韓国映画振興委員会は、助成金を与える全ての映画制作チームに対し「セクハラ防止レクチャー」への参加を義務付けている。わが『スープとイデオロギー』チームもみっちり2時間、映画制作現場での注意点と対策について講義を受けた。 大阪の自宅前にて母カン・ジョンヒと幼き日の筆者 COURTESY YANG YONGHI 日本の「嫌韓報道」への反応 8月、脱北しソウルで暮らす母と子がアパートの部屋で餓死状態で発見されたというニュースが報じられた。母親は行政の担当者が訪ねても拒絶するほどひどい鬱状態だったらしく、冷蔵庫も空っぽになった部屋に子供と一緒に閉じ籠もっていたという。 脱北者支援の専門家、弁護士、番組司会者が母子の生活状況を分析しながら、行政がなぜ把握できなかったかを議論していた。1時間の特集番組の最後まで「自己責任」という言葉は出てこなかった。「共に生きる」と言いながら私たちはとても冷たいんじゃないか、プライバシー侵害を口実にせず異変を感じたらドアをこじ開けるべきじゃないかと真剣だった。 「悲しいニュースだけど、番組内の議論が親身だね」と私が言うと「人の命の問題ですから当然ですよ」とわがスタッフが答えた。 事務所に出勤したスタッフがブランチを用意してくれるのが日課になった。10年前ソウルに長期滞在したときに比べテーブルに並んだ食材を見ても生活の質の向上が実感できる。果物や野菜がとても安く、卵や乳製品の価格が日本と同じくらいの印象。有機栽培の食材が人気で、小麦粉や天然酵母にこだわるベーカリーが増え、大型スーパーには世界中のビールや調味料が並ぶ。 ===== 事務所のキッチンに立つのが楽しそうな男性スタッフがおしゃれなカフェ顔負けのブランチを用意したり韓国料理を作ってくれたり。私の中の古い「儒教男子像」も日々アップデートされている。 ある日、日本での「嫌韓」と「ヘイトスピーチ」が話題になった。スタッフは「ヤン監督は大げさです、常識ある日本人がそんなはずはない」と笑っていた。「韓国にも愛国右翼が光化門近くで『文在寅は共産主義者だ!』とか言いますが、誰も相手にしません。いろんな人がいますよ」くらいの反応だった。 09年に他界した筆者の父ヤン・コンソン COURTESY YANG YONGHI しかし事務所の隣にあるサムギョプサル屋さんで夕飯中、テレビのニュース番組が日本での嫌韓について報じた。実例としてDHCテレビ提供の『真相深入り! 虎ノ門ニュース』が紹介され出演者たちのコメントが字幕付きで流れると、わがスタッフたちの表情が変わった。「『従軍慰安婦』は娼婦である」「韓国の反日教育」「韓国人は怒りをコントロールできない」と力説する出演者たちが、ジャーナリスト、ベストセラー作家、国会議員、大学教員だと説明するとスタッフたちは首を横に振りため息をついた。 意外にも腹を立てる人は皆無。他のテーブルの客たちも「あんな言葉がテレビで流れるなんて」とあきれた様子だった。「電車に乗っても、本屋に行っても、病院の待合室のテレビの音が聞こえても息苦しくなる」と私が言うと、スタッフが「かつての韓国メディアも嘘ばっかりでひどかったです」と苦笑いした。同じことを言っていた友人を思い出した。 親しい友人チョ・ギホ(仮名)は、李明博(イ・ミョンバク)政権時代、テレビ報道プログラムの制作陣だった。ある政治特集番組の放送当日、局の上層部に呼ばれたという。既に「検閲試写」していた幹部たちは政府に批判的なディレクターとプロデューサーを罵倒し、直ちに要求どおり編集し直せとすごんだ。 「できません!」と拒絶したプロデューサーとディレクターは部屋に閉じ込められ、放送を数時間後に控えた番組は、担当者が排除された状況で半分以上が改ざんされた。チョと同僚は番組放送終了後に部屋から出された。政権にこび、忖度する上層部と大げんかをし、辞表を出した。息子が上司に逆らって放送局を辞めたと知った母親は数日間寝込んでしまったという。 北朝鮮への「帰国」が決まった直後の3人の兄と6歳の筆者(71年に大阪市内の写真館にて撮影) COURTESY YANG YONGHI 被害と加害の歴史を共に後世へ その後の朴槿恵(パク・クネ)政権はメディアコントロールをさらに強化した。韓国の高度経済成長を築いた大統領とされる父親の朴正煕(パク・チョンヒ)を英雄とし、父と娘を偶像化しようと躍起だった。 ===== 当時のメディアの腐敗については、現在さまざまな番組で反省の題材になっている。言論統制下での弾圧と闘った記者たちを描いたドキュメンタリー作品も多い。朴前大統領を弾劾したキャンドルデモについて語るときは皆、2014年の「セウォル号」沈没事故を契機に国の在り方を真剣に顧みたと口をそろえる。 文政権発足後の韓国についての私の印象は、自国の闇の歴史と向き合うという姿勢だ。昨年4月に「済州4・3」70周年慰霊式で声を震わせながら済州島民に深く謝罪した文大統領の追悼スピーチは、式典会場からどよめきが起こるほど率直で誠意の込もったものだった。3万人の島民が自国民によって虐殺された事実について全ての韓国人が知るべきだと呼び掛けた「『済州4・3』は大韓民国の歴史です」キャンペーンは、有名俳優たちの協力も得てメディアで広く拡散された。 母(左)と共に「済州4・3」の地を訪れた PHOTO BY JJ 自身が「済州4・3」の生存者であるという母の告白を受け、その人生をドキュメンタリー映画にしようと決心した私は、母と一緒に慰霊式に参加していた。自国の闇の歴史を徹底的に調査し後世に伝えようと努力する人々の姿に圧倒された。そして人々は、ベトナム戦争時の韓国軍の蛮行についても語っていた。被害と加害、両方の歴史を後世に伝えようとする韓国人の姿に未来への希望を感じている。 扇動的なタブロイドメディアにむしばまれた感覚では、常に脱皮し続けるこの国の現状はつかめないだろう。私が韓国と直接知り合ってまだ15年しかたっていない。日韓の境界線を生きる身として、信頼するわがスタッフの言葉をかみ締めている。「日本と韓国がお互いの良いところを学び合って信頼を築けば、世界が羨む国を造れるのに」。ちまたに憎悪がまき散らされた状況では、楽観的過ぎるくらいが丁度いいような気がする。 (筆者は日本在住の映画監督。代表作に『ディア・ピョンヤン』〔05年〕、『かぞくのくに』〔12年〕など) <本誌2019年9月24日号「日本と韓国:悪いのはどちらか」特集より> ※2019年9月24日号(9月18日発売)は、「日本と韓国:悪いのはどちらか」特集。終わりなき争いを続ける日本と韓国――。コロンビア大学のキャロル・グラック教授(歴史学)が過去を政治の道具にする「記憶の政治」の愚を論じ、日本で生まれ育った元「朝鮮」籍の映画監督、ヤン ヨンヒは「私にとって韓国は長年『最も遠い国』だった」と題するルポを寄稿。泥沼の関係に陥った本当の原因とその「出口」を考える特集です。 ※2019年10月15日号(10月8日発売)は、「嫌韓の心理学」特集。日本で「嫌韓(けんかん)」がよりありふれた光景になりつつあるが、なぜ、いつから、どんな人が韓国を嫌いになったのか? 「韓国ヘイト」を叫ぶ人たちの心の中を、社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうと試みました。執筆:荻上チキ・高 史明/石戸 諭/古谷経衡 ===== 筆者のヤンは64年に大阪で生まれ、「朝鮮」籍を持つ在日コリアンとして育った。現在は韓国籍を取得 PHOTO BY JJ 大阪の自宅前にて母カン・ジョンヒと幼き日の筆者 COURTESY YANG YONGHI 09年に他界した筆者の父ヤン・コンソン COURTESY YANG YONGHI 北朝鮮への「帰国」が決まった直後の3人の兄と6歳の筆者(71年に大阪市内の写真館にて撮影) COURTESY YANG YONGHI 母(左)と共に「済州4・3」の地を訪れた PHOTO BY JJ
NEWSWEEKジャパンより 2019/10/08 17:40
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
首相、北方領土交渉「日本売り渡すとの指摘当たらぬ」(産経新聞)

産経新聞より 2019/10/08 17:38
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
巨人・菅野、CSで復帰へ「自分に期待してマウンドに」
 腰痛で戦線を離脱していた巨人の菅野が、クライマックスシリーズ(CS)で復帰することが8日までに決まった。第3戦以降での先発が濃厚で「こういうときに、しっかり仕事ができるように取り組んできた。自分に期待してマウンドに上がる」と表情を引き締めた。
「スポーツ」総合ニュース - SANSPO.COMより 2019/10/08 17:37


本日のお奨め商品はこちら

文章自動作成ツール『PSWエステ版』:ジャンル別の文章を無限に作成するパーフェクト・サテライト・ライター“PSW”のエステ版です。

文章自動作成ツール『PSWエステ版』:ジャンル別の文章を無限に作成するパーフェクト・サテライト・ライター“PSW”のエステ版です。

販売価格24,800円( 税込 )

販売ページへ

文章自動作成ツール、パーフェクト・サテライト・ライター『PSWエステ版』は、たった1クリックで1ページ約1,000文字の完璧なエステ関連の文章を無限に自動で作成します。

これまでの文章自動作成ツールとは文章の語彙力と精度がまるで違います。

しかもテキストリンクやアフィリエイトリンクをローテーションで挿入したり、挿入位置をページ毎に自由に変更できるなど、バラエティーに富んだリンク設定が可能です。

また自動で作成する文章はHTML形式、CSV形式(タグあり)、CSV形式(タグなし)を選択でき、あなたの希望に合わせた出力が可能です。

もちろんHTML形式を選択した時には無料のテンプレートも準備しております。

サイトの上位表示にはターゲットサイトもサテライトサイト(衛星サイト)も文章量と文章内容が重要で、あなたが取り組んでいるジャンルに合わせた記事を無限に作成する“PSW"を手にすることにより、様々な施策が可能になるはずです。

特にサテライトサイト(衛星サイト)構築には最適のツールになると思います。

『エステ版』の他にも、26ジャンルおよび個人別(パーソナル版)の“PSW”も準備してあります。

参考映像もご覧になれますので、ぜひご確認ください。

http://youtu.be/C69paDAVZT8


出品者 株式会社T.P.L.Consulting
販売日 2013/09/30

また、すぐに投稿しますからね!

何でも揃う総合情報ショップは★INFOPOT★
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 【不労所得】で生活したい!! All Rights Reserved.